見直しでグンと利益向上|税理士に任せて会計業務が楽になる

ウーマン

現在の資産を調べられる

2人の女性

弁護士へ依頼できる仕事は、刑事事件に関しての法廷での弁護以外にも多くあります。多くの人が頭を悩ませる相続に関しても、弁護士事務所へ相談することができるのです。相続問題で最も対処が難しいのが、相続税の支払いです。以前までは相続税を支払う対象になる家庭は、十分な資産をもっているところしか対象とならないと考えられていました。5000万円以上の資産を、一人1000万以上相続する家庭でなければ控除されていたのです。しかし最近では法改正によって、3000万以上の費用を一人600万円以上相続する家庭も対象となりました。中流の家庭でも十分に相続税の支払い義務が生じるため、身内の不幸によって相続の問題が発生する前に、きちんと弁護士事務所へ相談するとよいでしょう。税務調査が入る前に、遺産額の計算を行なってくれます。

相続税の調査をする税務調査では、本来支払うべき金額以上の額を請求される可能性があるため、注意が必要となります。相続税の対象となるのは、故人が所有していた土地や家屋、または不動産投資による物件なども含まれます。しかし、所有している土地や家は時間経過とともに、地価の下落や建物の劣化によって価値が下がってしまうものです。税務調査では、不動産登記を行なった際の資料から価値を算出するため、今現在の地価や家屋の価値にはそぐわない相続税を請求されることがあるのです。相続問題専門の弁護士に相談することで、税務調査前に家や土地の価値を調査してくれます。土地家屋調査士の資格をもつ弁護士が在籍する事務所もあるので、依頼することで正確な遺産相続額を算出してくれるでしょう。